• 戸狩温泉 メイプルハイム 宿泊
  • 戸狩温泉 メイプルハイム ご予約  
  • 戸狩温泉 メイプルハイム お問い合わせ
メイプルハイム 戸狩温泉 飯山
  1. HOME
  2. 企業研修 / 学校行事

心の健康管理(メンタルヘルス・マネジメント)や企業研修 メンタルヘルスマネジメントの里

仕事や職業生活に強い不安や悩みが長期間続くことによって、ストレスを抱える人は増加傾向にあります。また、心の不調による休職や離職もまた増加している今、職場で働く人が持てる能力を発揮し、仕事や職場で活躍するためには、心の健康管理(メンタルヘルス・マネジメント)への取り組みが重要になってきています。
企業の担当者様や心的ストレスで悩んでおられる方々に、メンタルヘルスマネジメントのカリキュラムとして、戸狩の里山で、心和ませる体験をしていただければと願っております。北陸新幹線の開通に伴いメンタルヘルスも近くなりました。

長野県飯山市の森林セラピー基地にあるメイプルハイムは、企業の人事労務・健康管理担当者を対象に、森林セラピーをテーマにした自然体験や農作業体験応援しています。(メンタルヘルスマネジメントの里)

 企業・団体の総務・人事労務・メンタルヘルス担当者や健康保険組合の方々に戸狩の温泉地、里山で森林セラピーを活用した企業の人材教育・健康づくりについて理解を深めていただければと願っております。(メンタルヘルスマネジメントの里)

 就業形態の多様化や雇用の流動化、成果主義の導入などにより、働く事に対する意識が大きく変わりつつあり、このような中で働く労働者の健康面への配慮も重要になっています。仕事や職業生活に関する強い不安、悩みからストレスを感じている労働者の割合が8割を超えるとともに、精神障害等に係る労災支給決定件数は毎年増加傾向にあります。労働安全衛生法が改正され、長時間労働者等に対する医師による面接指導制度が導入され、新たに「労働者の心の健康の保持増進のための指針」が法律に根拠をおく公示として示されるなど、メンタルヘルス対策に取り組むことが、求められるようになってきました。

高度情報化のグローバル化した時代は、労働者のストレス要因となり、ストレス反応として心身両面の健康障害を引き起こすと考えられています。50 年以上続いた「終身雇用」「年功賃金」という雇用形態はほぼ消滅し、「能力主義」「成果主義」に基づく雇用制度が導入されましたが、これが「雇用の流動化」「雇用の格差」となり大きな社会問題となってきています。
また、女性の職場進出に伴う男女の役割分担についても、職場、家庭の双方の場で解決しなければならない問題が発生し、労働者を取り巻くこのような環境が労働者の心に不安と緊張を与え続けています。(メンタルヘルスマネジメントの里)

メイプルハイム 民宿 戸狩温泉

学校行事の場としての戸狩温泉

自然との触れ合いが少なくなった都会の子供たちは、自然に対する接し方がわからないように思えます。自然から学ぶ、自然から教えて貰う大切なものは、今 失われようとしています。大自然で体験する、経験するその思いや、感性は子供たちの生涯にとっても貴重な体験と共に大切なものになると考えています。

 今、神社や林の中で、かくれんぼしながらする缶けり遊びや、鬼ごっこなどが出来ない時代になりました。友達も少なくインドアでしか遊んだ経験のない子供たちに、自然の中で遊ぶ楽しさを提供できないものかと考えています。一緒に何かをする達成感は、なかなかできないものです。
開田山脈に広がる信越トレイルを舞台に総延長80キロを歩くなどの体験は、自然との触れ合いだけでなく、集団で行動するマナーや規律など、普段の生活では 経験できないものがあります。人工的に作られたものでの遊び出なく、自然の中にある自然を利用して遊ぶ、そこに大切な教えがあるのかも知れませんね。

メイプルハイム 民宿 戸狩温泉

メンタルヘルスマネジメント 欝(うつ)予防と改善 自然体験から心をリフレッシュ

戸狩の里山の四季の移り変わりの中には、様々な植物が満ちています。

:のどかな日差しが入る、うららかな春は、自然の芽吹きに心躍り、残雪がチリや空気の汚れ、湿気を吸収するので、とても良い空気に満ちた世界が広がります。メンタル的な改善にも良好な季節です。

【残雪と若葉香る新緑のブナ林を歩く】
 ・残雪が匂いと湿気を吸収し、山々の若葉香る新緑の匂いの世界は、深呼吸したくなります。
【菜の花の畑を歩く】
 ・丘や畑一面に広がる、黄色い菜の花、その菜の花の中を歩いてみると春の匂いがします。

:日差しが強さを増す夏には、葉や幹の躍動感に心躍り、枝葉の間から差し込む日差しの爽やかさと心地よさに感嘆させられます

【ブナの小道、森林ヨガ】
 ・ブナの原生林が放つ息吹を体に、ヨガで心身リフレッシュ

:里山が成長して豊かな実を結ぶ秋には、自然の恵みと共に自然と湧き出る食欲は、自然と体が欲しているものでしょう。

【森林トレッキング 信越トレイル】
 ・軽い小道のトレッキング、ハイキングで体を元気にしましょう。

:雪解けが待ち遠しい冬は、厳しい世界の中にも清々しい朝がやってきます。(メンタルヘルスマネジメントの里)

バフっ体験】(メンタルヘルスマネジメントの里)
 ・白銀の世界に体を浮かせて、飛び込む体験は、全てから解き放たれた感覚です。
【雪の中を泳ぐ、踏み分ける】
 ・何も障害の無い雪原を飛び跳ねる、雪の重み、目線を地面にあわせた雪平線 
【しみわたり体験】
 ・自分の普段の靴でただ広い田んぼの大地を自由に、歩くのですが、雪に靴が埋まりません。


森に入り、植物に触れることは現代社会の中では、普通に出来なくなってきています。昔は、普通だったことが普通でなくなり、普通でなくなった為に体が、心が少し何かを求めているのではないでしょうか。

信州 戸狩温泉の周囲には、大自然が溢れ、自然の恵みが沢山あります。
   春・・・一面に広がる菜の花の畑
   夏・・・山々から吹き降ろす高原のそよ風
   秋・・・収穫、実りの秋
   冬・・・大雪原に広がる真っ白な世界。

メイプルハイム 民宿 戸狩温泉

メンタルヘルスマネジメントは、企業収益に大きく左右する時代

企業にとって優秀な人材の損失は、大きな財産の流失と消滅につながります。特にチームリーダーなど重要なポジションに就く人のメンタル管理は、今はとても重要視されています。福利厚生だけではなく、医学の未病という見地からも注目され、メンタルヘルス・マネジメント検定なども企業の資格として存在しつつあります。

■企業としても、社会的責任の履行継続や人的資源の活性化、労働生産性の維持・向上を図るうえで、社員のメンタルヘルスケアについて組織的に取り組む必要 に迫られてきています。(メンタルヘルスマネジメントの里として自然を体験)

人工的なものに囲まれている現代人にとって、植物は自然と人間の生活を結びつけ、自然体としての調和をもたらす役割を担っています。森林の緑や花は、眺めているだけでなく、視覚や香り、触覚などの五感を刺激する事で忘れかけている感性を育んでくれます。更に、植物を育てることで、達成感や満足感が得られ、 心の安定を生み、ストレスの軽減にもつながるかも知れません。また、医療の世界では、身体や精神の状態の維持・回復を目指したり、生活の質を図るリハビリ テーションとして、「園芸療法」と呼ばれる正式な療法もあります。
日本でも、園芸が心身に及ぼす影響についての研究が少しずつ広がり、日本園芸療法学会では、園芸療法を定義しており、高齢者や児童に対する症例を学会発表しています。

メンタルヘルスマネジメントの里、メイプルハイムは、自然の中で心和ませるお手伝いをいたします
【対象者】 企業・健康保険組合の総務・人事労務・健保担当者等、メンタルヘルスケア・健診・特定健診
・福利厚生等のアウトソーシング機関、企業のCSR・社会貢献担当者等、健康・美容関連の事業者及び、その従業員や家族を対象としています。

メイプルハイム 民宿 戸狩温泉

自然体験/自然との触れ合いから始める癒し、和みの時間

戸狩で行うメンタルヘルスを目的とした研修の例をご紹介します。
■プラン例  (メンタルヘルスマネジメントの里)
【1泊2日プラン】

1日目 現地着→オリエンテーション→農家・自然体験→夕食→研修→レポート作成
2日目 起床→早朝瞑想(リラクゼーション)→朝食→農業体験・自然体験
昼食→研修→まとめ→現地解散

【2泊3日プラン】

1日目 現地着→オリエンテーション→農家・自然体験→夕食→研修→レポート作成
2日目 起床→早朝瞑想(リラクゼーション)→朝食→農業体験
昼食→自由行動(自然観察/体験等)→夕食→研修→レポート作成
3日目 起床→朝食→研修・自由行動(自然観察/体験等)
昼食→まとめ・レポート作成→現地解散

■カリキュラム例 (メンタルヘルスマネジメントの里)
   ・農業体験または自然体験
   ・コミュニケーションワーク
   ・ストレスをやわらげるイメージ呼吸法 瞑想/ヨガ体験
   ・星空散歩
   ・風の音、川の音、草の匂い、森の音、森の匂い 五感でリラックス。

メイプルハイム 民宿 戸狩温泉